MAHALOが放置竹林の解決に挑戦中!有機農法黄金時代の今、大きく甘い作物を作る一助となる竹粉パウダーをあなたはまだ知らない!?←詳細はこちらをタップ

一般社団法人MAHALOとして周防大島の学生たちはスタートします。

こんにちは。
いかがお過ごしでしょうか。

MAHALOの山本です。

遂に、っていうか遂にっていうほど
長い間活動したわけでもないんですが、
任意団体という俗称を卒業します。

学生団体MAHALOが一般社団法人になります

四月からは、一般社団法人MAHALOとして
再スタートします。

 

「一般社団法人」とは、なんぞやと。

「株式会社」は
聞いたことあると思いますが、

そんな感じです。

近場でいうと周防大島観光協会とかも
一般社団法人ですね。

株式会社っていうのは、利益を追求することを
目的とした法人(会社)で

一般社団法人は、利益を追求することを
目的としてない法人です。

「お金をじゃんじゃん稼ぐことが目的だぜ!」

という株式会社と違って、

「人や地域、文化のために活動することを第一に考えてるぜ!」

といった法人です。知らんけど。

 

そもそもなぜ起業する必要があるのか、
と言いますと、

法人格という社会的属性が必要

というのが一番の理由です。

 

今やろうとしてることに

「超有名人を誘致」

が、あるんですけど、

これって任意団体の学生サークルが
来てくださ〜いって言って
来てくれるのかってなると、

う〜んという感じなのかな、と。

まぁ法人化しても、実績がないと
意味ないかもしれませんが。

任意団体よりは、いいかな、と。

あ、法人化したら、
バカだなとか言われると思うんですけど、

バカじゃないと、
会社なんて立てようと思わないし、

映画祭の時も、

「こんな企画じゃだめだ」

ってよく言われましたが、
あーそうですか、という感じだったので

今回も曖昧にやっていき、という感じです。

 

今後の周防大島での事業について

今後の事業について、
今回の映画祭(#MAHALOCINEMA)に
来場された方からお話をいただいたのですが、

「『この世界の片隅に』を上映して欲しい」

とのことでした。

監督は周防大島にゆかりがあり、
今回依頼をくださった方も、
島で上映して欲しいという気持ちが
強く、その気持ちに応えることができたらな、

そんな感じで行こうかな、と。

他には、喫茶店計画や外国人のツアーのアテンドに人材を派遣する
とかが現実的にできそうなことです。

喫茶店とかは女性陣もワクワクしてるらしく、
頑張ってくれ、という感じです。

あ、また別件ですが

先日、林くんと伊東くんが
道後温泉、しまなみ海道、尾道、宮島、周防大島
サイクリングコース開発の試験ライダーとして
某機関から投下されたそうです。笑

二日間くらいかけて、そのコースを
いって来たらしく、
お疲れ様でした。

こんな感じで映画祭が終わった後も
ぼちぼちと活動しております。

おそらく第二回MAHALO CINEMAは
7〜8月あたりになると思います。

続報をお待ちください。

では。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です