Event,  memorise

②④学生がクラウドファンディングで周防大島野外映画祭の資金を調達!人の優しさに感動

おはようございます。山本です。

絶賛夜更かしです。現在、朝の8:37。

最近夜、一人でビール飲んで酔っ払って二時間くらい寝る。

そういった生活?習慣?を送っております。

そろそろ寝るつもりだったんですけど、

すごくエモいことがあったので、今ブログに書きたい!と思って。

周防大島出身の学生がクラウドファンディング開始!目標40万円!

遂に、昨日からクラウドファンディングが開始しました。↓

https://camp-fire.jp/projects/view/112232

企画案を提出しては訂正され、提出しては訂正されを二兆回は繰り返し

やっと昨日申請が通りました。

最後までご丁寧に細かいチェックや助言をくださった

キャンプファイヤーの運営スタッフ松吉様には感謝しております。

めちゃくちゃ丁寧で、「こんなに丁寧にしてくれる人いるの!?

ってエモくなりました。

 

クラファンは僕一人で進めたんですけど、

ある大きな過ちを犯してしまいました。

プロジェクト公開後に気づいてしまった。

あるクラファンの攻略サイトには

プロジェクトを公開する前に、ある程度の支援者は確定しておけ」との文言が。

その理由は、クラファンの成功率は開始3日の結果に大きく影響するから。

開始早々支援者がたくさんいたり、支援額が多いプロジェクトは

目標金額に到達しやすい。

SNS他経由ではない、クラファンサイトを閲覧しているパトロン予備軍の目を引きやすいから。

「お、開始間もないのにこのプロジェクト人気だ、どんな企画だろう?」

ってクリックする率が多くなる。

実際、僕が新着のプロジェクト欄を見てると

最初に多くの支援を集めてるプロジェクトはちょっと時間たった後に

見てみると伸びてるし、逆に一個も支援されてないプロジェクトは

支援されないまんま。

で、僕が犯した失敗は、「支援者を一人も確保してなかった」ってとこです。

んな攻略サイト読むより早くプロジェクト公開したい!と

はやりすぎました。

良くも悪くも、考える前に行動してしまう。

よく書いてあるのは、クラファンをするには

最低でも1ヶ月の準備期間を設けるべき。ってことです。

そんなん知らんわ!!

一週間くらいでプロジェクト公開してしもうたわ!!

もう自責の念がこみ上げてきて、やっちまった感が。

今日のことですよ。

ヤッチマッター。

そんなこんなで、ぽけーっと音楽聴いてたら、いつのまにか朝やんけ。

とりあえずインフルエンサーになるため

一日20ツイートを今日もやるかと、

↓このツイートを書いていると、

ぶぶっ、振動する音が。

ウチに玩具なんてあったっけか〜と、

ふとケータイを見ると、メールで『パトロンが現れました

その文言が。

驚愕。

すぐさまメールを開くと3件の支援者様が、メッセージを

送ってきてくれています。

三件の支援額の合計が「20500円」。

さらに驚愕。

メッセージを詳しく読むと

「応援してます」

「島のために頑張ろうとする姿に心を打たれました」

「いつでも相談して」。

−もう涙が出そうでした。

僕らは支援者様に何も与えてないのに、無償で与えてくださってることに

すっごい感激しました。

この「支援」ってリアルだなとも思いました。

ことクラファンにおいて、「支援」には「お金」が必要。

普通「お金」って、何かを得る対価として使うものじゃないですか。

「みかん」を食べるために「お金」を払う。

「みかん」→

                     K子            Y男

 ←「お金」

こういう動きだと思うんです。

でもこの「支援」って一方通行の動き。

見返り無しにギブするって、綺麗事じゃできなくないですか?

だからリアルだなと。そう思いました。

そういえばママも見返りなしに俺を二十歳まで育ててくれてます。

いくらっていうお金が俺にかかってるのに。

この一方通行のギブを「愛」って呼ぶのかな。

なんとなくわかった気がします。

 

あと「島のために頑張ろうとする姿に心を打たれました」っていう

メッセージが特に印象的でした。

僕らの周防大島への想いってすごく熱いんですよ。

でもその熱い想いを文に起こせるかってなったら別。

自分以外に伝わらなきゃそんな想いって意味ないし。

自分の書いてる文で、想いが他人に伝わるのか。

すっごく不安でした。

結局Webページに僕らの想いなんて100パー反映されるわけないし、

たかが文章に40万円の価値なんてあるわけもない、

じゃあもうリアルで会って想いを伝えて、支援してほしいってことを

伝えるのが一番いいんじゃないか。

そんなことをほりほり考えてました。

もちろんそれがベストだとは思います。

でもこうやって僕らの文を見て、「心を打たれた」って方が

いるのは、すごく嬉しい。ホッとする。ちゃんと伝わってるって思う。

自信になります。

 

「会って想いを伝える」ってのはすごくいいと思うので

休みの日に渋谷に行って、支援を募ろうかなと思ってます。

とにかく、今日はとてもエモい気持ちになったので

朝っぱらからこの嬉しさをブログに書いてみました。

人間って最高!

 

↓クラウドファンディングのご協力をお願い致します。

https://camp-fire.jp/projects/view/112232

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です